起業家レモンの勉強したこと

レモンは起業家見習い。情報起業で勉強したことの公開ノート。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ブロードバンドの時代がやってきたとよく言われます。 | main | 仕事の業種にもよりますが、ネットがなければ仕事ができないと考えている人も >>

キャンペーンは最初の数か月だけの場合がほとんど

0
    ネット通信を始めるならば、光ファイバー回線でしょう。

    メタル回線と比較すると全然、速さが違います。

    ネットで光回線で契約する時にはどこの光回線がよいか比較してみることが大変重要です。

    一番、普及している光回線はNTTが提供しているフレッツ光です。


    日本中の全部地域ではありませんが、カバーエリアの広さは一番でしょう。

    それからauなどのKDDIが提供しているau光ですかね。

    NTTとKDDIを比較してみましょう。

    光ファイバー回線を提供しているのはインターネット接続のプロバイダーサービス業者です。


    これは家からNTT局までの接続工事をやっていると考えていいでしょう。

    実際にネットに接続する時にはネット回線のプロバイダーとの契約が必要になります。

    NTTでもKDDIでもプロバイダーはどこでも選ぶことができます。

    光ネット通信回線にすることによってADSLよりも回線測度は上がるのですが、プロバイダー自体の回線装置状況によって速度の差があります。


    つまり、接続するプロバイダー選びも重要ということです。

    もちろん、光回線の月額利用料は接続するプロバイダーとは関係ありません。

    また、スピードはパソコンの性能なども影響しますから、単純に数値だけ見ても不明なことが多いのです。


    実際に光回線を選ぶ時には料金やキャンペーンでも割引などを比較するのがいいでしょう。

    料金は毎月のことですから、その金額の開きは小さく無いでしょう。


    また、キャンペーンは最初の数か月だけの場合がほとんどですから、キャンペーン後の金額について調べて理解しておくことが大事です。


    インターネットが光回線になってしまうと、もう遅いメタル回線には戻れないと思ってください。





    ネット固定回線をどうするか | permalink | - | - | - | - |
    MOBILE
    qrcode
    PROFILE